猫と暮らすと元気になるって本当?

 整体に行くと「あなた、猫と一緒に寝ていますね」と、言われました。
 プロは、筋肉の緊張や、背骨の状態を見ただけでわかるようです。
 愛ちゃんが、おなかの上によじのぼってきたり、脇の下で丸くなっていて、無意識のうちに、寝返りをうたないようにしているのを見抜かれてしまいました。
 本当は、ペットと寝ることは、骨盤のゆがむ原因を作ったり、体に不自然な力が入るので良くないそうですが、猫ちゃんと同居している人は、なぜか、元気な人が多いと思いませんか?

●猫ちゃんと接触すると長生きするの?

 「キャット・セラピー」という言葉があります。これは、高齢者や、うつ病の患者さんが、猫と接することで、心と体がいやされて元気になるというもの。あの、しっとりとした被毛を撫でたり、ごはんをあげたりしているうちに、脳の緊張がほぐれて、不愉快な症状が緩和されるためです。
 ワンちゃんなら「飼い主様、あなたに従います」という姿勢をつらぬきますが、ニャンコ様はマイペース。そんな、生意気な表情と行動は、センチメンタルに傾きがちな神経に、適度な刺激を与えるのでしょう。

●やりたいことだけをするから

 さみしがりやな半面、自己中心的な猫ちゃんですが、朝から晩まで顔をつきあわせていても、鬱陶しいとは感じません。なぜなら、彼らは、勝手気ままで、嫌々、わたし達に合わせてくれることはないからです。だからたとえ、まぶたの上に、冷たい肉球が通るほど密着しても、逆に、尻尾の先端だけを膝にのせてきたとしても、人間側は、何一つ負担に感じないのでしょう。
これが、人同士のコミュニケーションのように、「本当はしんどいけれど、お付き合いで・・・」となると、厄介になってくるのですが、彼らに限っては、まず、そんな心配はありませんから。
 猫ちゃんは、わがままですが、「甘えたい」という心に偽りはないのです。「思っていることを素直に実行する」という、シンプルな生き方がネコ科の生き物の、第一級の社交術なのです。

話が飛びますが、阪神大震災のときのエピソードを紹介しましょう。
自宅が半壊して身動きがとれなくなった、ひとり人暮らしのお年寄りがいました。寒い時期なので、凍死してもふしぎではなかったのですが、何匹もの猫ちゃんが寄り添っていたために助かったそうです。猫ちゃんと心が通じ合っていて、一命をとりとめた感動的な実話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有友紗哉香

有友紗哉香

投稿者プロフィール

一九八二年 岡山県玉野市生まれ。 同市在住。
歌誌「短歌人」に「有朋さやか」の筆名で、毎月出詠中。

はじめての猫は、ジャパニーズ・ボブテイルの「ニャーリン」。
現在は、アビシニアン風のミックスキャット「愛」と同居しています。
ちなみに、有友が、愛ちゃんを飼っているのではなく、あくまでも、猫さんに飼ってもらっていると信じている、駆け出しライターです。

ブログ:山あり谷なしの読書体験記

http://yamaaritaninasi.seesaa.net/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-8

    猫が猫草を食べる理由とは?!

    猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…

ピックアップ記事

  1. 猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…
  2. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  3. 猫首輪を着けるとハゲる? 猫ちゃんとの暮らしの必需品である「猫首輪」。 万が一の脱走時に周囲の人…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る