たとえ、体の色や模様がちがっていても、一目で「あ、あの猫ちゃん達は、親子だ」とわかるものです。隙間なく寄り添い、まるで、一心同体のような親密さが伝わってくるからです。
しかし、キャット・マザーは、産後、約三ヶ月が過ぎた頃から、ベビーにかまわなくなるもの。子猫がお乳をもとめても、突き放したり、さも迷惑そうな表情をしているだけなのです。
おそらく、自立して生きていける「わが子」と離れて、自分自身の新しい恋を謳歌したいのでしょう。
約百日の短い育児期間に、母猫は、子らに何をしてあげ、どんなことを教えているのでしょうか?

●子猫が産声を上げると

〈授乳〉
産まれた直後の子猫は、目もあかず、耳も聞こえません。しかし、自力で乳首を探し当て、母乳を飲みます。母猫は、乳首を吸われることで、脳に指令が行き、ホルモンが分泌され、濃い乳が出るようになります。

〈排泄〉
赤ちゃん猫は、まだ、自力で便が出ません。そこで、母親が、肛門を舌で刺激して排泄を手伝います。そして、子猫の排泄物は、すべて親猫が食べてしまいます。
これは、周囲の敵に、匂いで自分達の存在を知られないようにするための知恵だといわれています。
このときに、子は母が舐めやすいように、尻尾をピンと立ててこたえます。
飼い猫が、嬉しいときや、甘えたいときに、尻尾を上に伸ばしているのは、無意識のうちに、母親との密度の濃い時間を思い出しているのかもしれませんね。

●子猫を、自立させるために

子も生後、五、六週目になると、母乳ではなく、大人の猫と同じものを食べるようになります。
野生の猫ならば、ハンティングを教える頃です。獲物の追い方、倒し方、食べ方などを、母は一つひとつ手本をみせて、子らに教え込むのも大事な役目。
また、この時期の子猫は、吸収力も旺盛で、母猫のちょっとした行動から、さまざまなことを覚えます。
たとえば、人と同居している猫ちゃんだと、「人間は、ごはんをくれて遊んでくれる」とインプットしますし、野良猫ならば「青大将は獲っても、マムシに近づくのは危険」というふうに。

へそのおを噛み切って、羊膜を破ってから、およそ三ヶ月、母猫は、全身でわが子を愛し、教育します。育児を終えたばかりの野良猫は、体力を消耗してやつれていました。けれどその姿は、神々しく生命の美しさにあふれているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有友紗哉香

有友紗哉香

投稿者プロフィール

一九八二年 岡山県玉野市生まれ。 同市在住。
歌誌「短歌人」に「有朋さやか」の筆名で、毎月出詠中。

はじめての猫は、ジャパニーズ・ボブテイルの「ニャーリン」。
現在は、アビシニアン風のミックスキャット「愛」と同居しています。
ちなみに、有友が、愛ちゃんを飼っているのではなく、あくまでも、猫さんに飼ってもらっていると信じている、駆け出しライターです。

ブログ:山あり谷なしの読書体験記

http://yamaaritaninasi.seesaa.net/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-12

    愛猫に「猫首輪」が必要な本当の理由とは?

    突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…

ピックアップ記事

  1. 猫首輪を着けるとハゲる? 猫ちゃんとの暮らしの必需品である「猫首輪」。 万が一の脱走時に周囲の人…
  2. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  3. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る