暗闇できらめく瞳

古代、猫ちゃんの瞳は、太陽の位置と、神秘的な月のみちかけにあわせて変化するものだと信じられていました。
現に彼らの目は、光の強さにあわせて、形や、きらめきがことなります。あかるい所でも、暗い場所でも、自力で調整することができる上に、自在に焦点をあわせられる性質は、人間の目には備わっていない機能。その分、神々しくミステリアス〉な印象を与えるのでしょう。

瞳孔の変化

こどもの頃、こんな実験をしたことがあります。
夜、「ニャーリン」が薄暗い部屋で、置物さながらに座っているとき、突然、電灯のスイッチを入れます。
すると、ニャーちゃんの瞳の変化がはっきりとわかりました。急激にまぶしくなると、これまで、丸く大きな状態だった瞳孔が、糸のように細く小さくなります。
そしてふたたび、照明を落とすと、元の状態に。皆既月蝕を連想させる、不可思議な現象に心拍数が高くなりました。

光にあわせて

このように、猫ちゃんの目は、あかるさによって、取り入れる光の量を調節するため瞳孔を開いたり閉じたりする仕組みになっています。
まぶしいときは、余計な光は遮りたいので、瞳孔を閉じて、暗闇では、瞳を開いて、多くの光を取り込みます。
暗い場所でも、不自由しないだけに、裏を返すと、強い光からは目を守りたいもの。
その、一部始終の変化が肉眼で確認できるので、人間からすれば、ミステリアスで妖艶な印象を受けるのでしょうね。

夜に目が光る理由

猫ちゃんの網膜の裏側には、「タペタム」(タペータムとも)呼ばれる薄い膜があります。
これは、光の反射層で、一度、網膜を通過させた光を、ふたたび、網膜に伝えるメカニズム。「タペタム」が機能する瞬間ごとに、瞳が輝いているのです。

知人に、このような、猫ちゃんの瞳の話しをしたところ「カメラの構造とそっくり」だと驚かれました。

また、「猫目石」という美しい宝石があります。いにしえの人は、猫ちゃんの瞳から宝飾を連想したのでしょう。
精密なカメラの内部を思いうかべたり、地球の奥深くに眠る鉱物に想いをはせたり、猫ちゃんのまなざしは、悠久の物語がはじまりなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有友紗哉香

有友紗哉香

投稿者プロフィール

一九八二年 岡山県玉野市生まれ。 同市在住。
歌誌「短歌人」に「有朋さやか」の筆名で、毎月出詠中。

はじめての猫は、ジャパニーズ・ボブテイルの「ニャーリン」。
現在は、アビシニアン風のミックスキャット「愛」と同居しています。
ちなみに、有友が、愛ちゃんを飼っているのではなく、あくまでも、猫さんに飼ってもらっていると信じている、駆け出しライターです。

ブログ:山あり谷なしの読書体験記

http://yamaaritaninasi.seesaa.net/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-8

    猫が猫草を食べる理由とは?!

    猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…

ピックアップ記事

  1. 猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…
  2. 猫首輪を着けるとハゲる? 猫ちゃんとの暮らしの必需品である「猫首輪」。 万が一の脱走時に周囲の人…
  3. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る