猫の性格は、どのようにして決まるの?

わが家の愛ちゃんは、家族が旅行や出張から帰ってきて、数日ぶりに会うと「おまえ、誰だ?」と上目づかいで逃げていきます。
一方、知人宅には、平気で、初対面のお客様の膝の上にのぼる人懐っこい猫ちゃんもいました。
人間と同じで、人見知りが激しい性格の子もいれば、好奇心旺盛で誰とでもすぐにお友達になる猫ちゃんもいます。
繊細で、自己愛が強く、プライドが高い印象の強い猫ちゃんですが、じつは、性質は色々。ほがらかな子もいれば、おだやかな子や短気な子も。
猫ちゃんの性格は、いったいどのようにして決まるのでしょうか。

その① 生後半年までの環境

生まれたばかりの子猫は、まっさらな状態。見るもの、聞くことすべてに興味を持っています。先入観もなければ、まだ善悪の区別もついていません。
しかし、この時期は感受性が鋭く、体験したことは、たとえ直接の記憶がうすれたとしても、本能で覚えています。
ですから、生後、間がないときから、人間と一緒に暮らして、体毛を撫でてもらったり、一緒に眠る気持ちよさに慣れている子は、自然と人を受け入れやすくなるものなのです。

その② 母親との関係

けれど、たとえ、人間に大切にされたとしても、こんなケースも報告されています。
母猫が、妊娠している期間と育児の時期に、栄養状態が悪かったり、強度のフラストレーションを感じていると、子が凶暴になったり、猜疑心が強くなる場合もあります。生き物にとって、食べ物や環境は、想像以上に重要なのですね。

その③ 父性遺伝

栄養や、後天的な要因も影響しますが、もうひとつ、忘れてはならないのが、親からの遺伝。とくに、猫ちゃんの性格は、父親からの遺伝子を大きく受け継ぎます。毛なみや瞳の色で、父猫を特定するのは難しいといわれていますが、性格や考え方は、ほぼ例外なく父性遺伝なのです。

そして、科学的根拠はどこにもありませんが、猫ちゃんは、寝食をともにする人間の家族と似てくるもの。
みんなで目標に向かって頑張るよりも、ひとりで根をつめるのが好きなわたしと生活する愛ちゃんは、お高くとまっていますから…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有友紗哉香

有友紗哉香

投稿者プロフィール

一九八二年 岡山県玉野市生まれ。 同市在住。
歌誌「短歌人」に「有朋さやか」の筆名で、毎月出詠中。

はじめての猫は、ジャパニーズ・ボブテイルの「ニャーリン」。
現在は、アビシニアン風のミックスキャット「愛」と同居しています。
ちなみに、有友が、愛ちゃんを飼っているのではなく、あくまでも、猫さんに飼ってもらっていると信じている、駆け出しライターです。

ブログ:山あり谷なしの読書体験記

http://yamaaritaninasi.seesaa.net/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-12

    愛猫に「猫首輪」が必要な本当の理由とは?

    突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…

ピックアップ記事

  1. 猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…
  2. 猫首輪を着けるとハゲる? 猫ちゃんとの暮らしの必需品である「猫首輪」。 万が一の脱走時に周囲の人…
  3. 三ヶ月前から、愛ちゃんは婦警さんになりました。朝晩のパトロールを欠かしません。人間の監視も熱心です。…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る