もっと、水を飲んでね

 「イエネコ」のルーツは、古代エジプトの「リビアヤマネコ」だというのは、有名な話。彼らは、乾燥が激しい砂漠で暮らしていたため、あまり水分をとらなくても、生きていくことができました。
 今でも、猫ちゃんが、あまり水を欲しがらないのは、当時の名残ともいわれています。
 しかし、高温多湿が続く現在、熱中症の予防のためにも、しっかり水分を補給してあげたいものですよね。

●「ミネラルウオーター」よりも「水道水」が、おすすめ

 愛猫の健康を考えるあまり、カルキくさい水道水よりも、市販のペットボトルの水を・・・と、考えがちです。
 しかし、ミネラルウオーターと呼ばれる通り、硬度(ミネラル分)が高い水は、おすすめできません。その理由は、硬質の水を飲み続けると、腎臓や、尿道結石になりやすいからです。とくに、男の子の猫ちゃんは、尿道結石ができやすいので、とくに、注意が必要といえるでしょう。
 その点、日本の水道水は、全国どこでも、軟水なので安心できます。もしも、カルキや、不純物が気になるようであれば、浄水器を通した水、もしくは、一度、沸騰させた後で冷ました水ならば、問題なくあげられますよ。

●気がついたときに、いつでも飲めるように

 猫ちゃんの飲み水は、部屋のどこにおいてありますか?
 だいたい、ごはんをあげるお茶碗の横に、水を入れた器をおいてあるのではないでしょうか。
 しかし、汗ばむ時期は、この他に二~三箇所ほど、水のコーナーを増やしてあげてください。猫ちゃんが、家のなかのどこにいても、のどが乾いたときに、すぐに水分補給をできる環境を、整えてあげることも大切です。
 各部屋ごと、とまでは、いかなくても、リビングと寝室のどちらにも、水があれば、それだけで、飲んでくれる量が増えますから。

 猫ちゃんは、骨格や、体の構造上の関係で、シニアになるほど、腎臓や、膀胱の病気になりやすいことが知られています。適度に水分を摂って予防ていきたいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有友紗哉香

有友紗哉香

投稿者プロフィール

一九八二年 岡山県玉野市生まれ。 同市在住。
歌誌「短歌人」に「有朋さやか」の筆名で、毎月出詠中。

はじめての猫は、ジャパニーズ・ボブテイルの「ニャーリン」。
現在は、アビシニアン風のミックスキャット「愛」と同居しています。
ちなみに、有友が、愛ちゃんを飼っているのではなく、あくまでも、猫さんに飼ってもらっていると信じている、駆け出しライターです。

ブログ:山あり谷なしの読書体験記

http://yamaaritaninasi.seesaa.net/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-4-18

    首輪をめぐる物語

    三ヶ月前から、愛ちゃんは婦警さんになりました。朝晩のパトロールを欠かしません。人間の監視も熱心です。…

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…
  3. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る