猫ちゃんは「狂犬病」にはならないですよね?

突然ですが、ワンちゃんの里親になると、法律で決められた義務がふたつあります。それは、「登録」をすることと、「狂犬病」の予防注射をすることです。しかし、猫ちゃんを引き取っても、「ワクチン」は任意ですし、特に届出る必要もありません。
 このように考えると猫ちゃんは、「狂犬病」に感染するリスクはないのでしょうか?

●「狂犬病」は、哺乳類すべてに感染する

 人間はもとより、猫ちゃんにもうつるおそれはあります。
 とはいうものの、「狂犬病ウイルス」は、咬まれることでついてしまった唾液が、傷口を通して体内に入り、感染、発症にいたります。そして、症状が出ると人間も動物もまず、助かる見込みはありません。海外では、狸や狐に咬まれて「狂犬病」にかかったという例も報告されていました。
 ただ、もしも狂犬病保有者の猫がいたとしても、彼らの武器は、まずは「爪」なので、すぐに咬みつくワンちゃんにくらべてリスクは少ないと言えるでしょう。

●日本国内は「狂犬病」は安全圏

 国内では、一九五七年に猫ちゃんが感染したのを最後に、感染および、発症は確認されていません。その後も、もっともハイリスクな生き物でもあった、ワンちゃんの「登録」と「ワクチン」を徹底して呼びかけ、また、犬を外に出すならば、つなぐように指導しているので、現時点では、国内から一歩も出なければ感染の心配をする必要はありません。

●要注意は、東南アジア

 しかし、海を渡ると「狂犬病」は、決してめずらしい病気ではないのです。とくに危険地帯とされているのは、「中国」「インド」「パキスタン」「ミャンマー」「フィリピン」「バングラディシュ」です。そのほかでも、ほとんどの国で、毎年何例も「狂犬病」は確認されているのが現実。
 本来ならあってはならないことですが、もしも、「狂犬病」保菌者の動物に愛猫が咬みつかれると、人間やワンちゃんにくらべて潜伏期間が短く、あっという間に命を落としてしまうのです。
 「狂犬病」が多い地域に猫ちゃんを連れて行ったり、移住するときには、あらかじめワクチンを接種してあげると安全ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有友紗哉香

有友紗哉香

投稿者プロフィール

一九八二年 岡山県玉野市生まれ。 同市在住。
歌誌「短歌人」に「有朋さやか」の筆名で、毎月出詠中。

はじめての猫は、ジャパニーズ・ボブテイルの「ニャーリン」。
現在は、アビシニアン風のミックスキャット「愛」と同居しています。
ちなみに、有友が、愛ちゃんを飼っているのではなく、あくまでも、猫さんに飼ってもらっていると信じている、駆け出しライターです。

ブログ:山あり谷なしの読書体験記

http://yamaaritaninasi.seesaa.net/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-4-8

    猫ちゃんの肌に優しいハゲにくい猫首輪とは

    猫首輪を着けるとハゲる? 猫ちゃんとの暮らしの必需品である「猫首輪」。 万が一の脱走時に周囲の人…

ピックアップ記事

  1. 三ヶ月前から、愛ちゃんは婦警さんになりました。朝晩のパトロールを欠かしません。人間の監視も熱心です。…
  2. 猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…
  3. 猫首輪を着けるとハゲる? 猫ちゃんとの暮らしの必需品である「猫首輪」。 万が一の脱走時に周囲の人…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る