白猫は、紫外線に気をつけて

春。
北国では雪解けがはじまり、木々が芽吹き、気温も上がります。これまで、無彩色だった日本の風景が、一気に極彩色に変化したような錯覚をおぼえます。
街角のカーブミラーや、電信柱に乱反射する陽射しはまぶしいほど。
こたつの中で、玉になっていた「愛ちゃん」は、べランダで、半円を描いて眠っています。
あめ色の光を浴びて、とっても気持ち良さそう。
ところが見てしまいました。
本来白いはずの愛ちゃんの耳が、薄紅色に染まりかけているのを。
 

太陽の光は、悪者?

わたし達は、紫外線に当たると日焼けをします。白く、なめらかな肌にあこがれる女性たちの間では、太陽光は美容の大敵だと怖れられているのは、今にはじまったものではありあません。
また、過度の日光浴は、遺伝子を破壊して癌の原因になることもわかっていました。
だから、日傘や、サングラスで、禁欲的なほどガードしている方も見受けられます。
しかし、紫外線が悪影響をもたらすのは、猫ちゃんも同じ。
本来ならば、漆のよな黒猫の背中が赤茶けているのは、日焼けによるものです。中でも、体毛が白い猫ほど、ダメージを受けやすいといえるでしょう。耳、眼のまわり、鼻を中心に、扁平上皮癌や、肉腫ができる場合もあるのです。
昭和生まれの外猫だった「ニャーリン」は、純白猫だったため、目の上に腫瘍が発生しました。
さいわい悪性ではなかったため、手術で取り除けたものの、顔がかわってしまったのです
 

猫ちゃんのUVケア

とはいえ、強い光がよくないとは知っていても、どうすればよいのでしょうか。 
まず、これから子猫ちゃんを迎える方は、もちろん、完全室内飼いがベストです。
けれども、たとえ、部屋の中でも、日当たりが良い場所なら、紫外線対策が必要なのです。
そこで、おすすめは、窓ガラスに、透明な「遮光フィルム」を貼ること。全国のホームセンターや、インターネットからも入手できます。UVカットのためには、もちろんですが、地震がおきたときにも効果が期待できますよ。たった一枚のフィルムがあるだけでも、割れたガラス片が、飛び散るのを防げますから。

愛ちゃんはべランダが大好き。遮光窓の外側に出たがる、この子を、どのようになだめるか。それが、わが家の課題なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有友紗哉香

有友紗哉香

投稿者プロフィール

一九八二年 岡山県玉野市生まれ。 同市在住。
歌誌「短歌人」に「有朋さやか」の筆名で、毎月出詠中。

はじめての猫は、ジャパニーズ・ボブテイルの「ニャーリン」。
現在は、アビシニアン風のミックスキャット「愛」と同居しています。
ちなみに、有友が、愛ちゃんを飼っているのではなく、あくまでも、猫さんに飼ってもらっていると信じている、駆け出しライターです。

ブログ:山あり谷なしの読書体験記

http://yamaaritaninasi.seesaa.net/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-8

    猫が猫草を食べる理由とは?!

    猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 猫首輪を着けるとハゲる? 猫ちゃんとの暮らしの必需品である「猫首輪」。 万が一の脱走時に周囲の人…
  3. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る