室内飼いでもノミが発生することもあるんです。

完全室内飼いの家猫ちゃんだったら、ノミ予防は必要ないと思いがちですが…。
どこからやってくるのか?まれにノミが発生することがあります。
ノミが発生すると、猫ちゃんは痒くて不快な思いをします。そして人間にも害が及ぶ場合もあるので、もしも発生したら早く駆除をしなければなりません。
また、発生を予防できる術があるので、予防しておくのも効果的だと思います。

【我が家にノミがやってきた】

我が家も完全室内飼いなのですが、数年前ノミが発生しました。
普段からよく遊ばせてる隣人宅の猫ちゃんも、同じタイミングで発生していました。
隣人宅の猫ちゃんはたまに飼い主さんと一緒にお散歩に行くので、その時に貰って来たのではないかと思います。
とりあえずブラッシングをして駆除できるものはしましたが、その後病院に連れていきました。
そしてフロントラインをしてもらうと、ノミは駆除できました。

【それからのノミ対策】

病院の先生は室内飼いでもこうやってノミが付くことがあるので、ノミ対策はしていった方がいいですよ!とのことでした。
(ウチがずっとお世話になっている病院の先生の見解なので、全ての獣医さんがこの意見とは限らないようですが…あくまでも参考としてこの記事を読んでもらえたらいいなと思います。)
それからは毎月、隣人宅の猫ちゃんと一緒にフロントラインをしに病院に行っています。頻繁に遊ばせているので、片方だけがやっても意味がないことになると思うので、常に同じタイミングで行くようにしています。
余談ですが、フロントラインを買ってきて自宅で簡単につけることができるのですが、病院に行くと毎月体重を量ってもらえて、簡単な健康診断をしてくれるので連れて行って付けてもらっています。
(我が家のかかりつけの病院での話なので、他はどういう対応かはわかりませんが…。)
以後、ノミに遭遇することなく、生活を続けています。

【過去のノミ対策】

先代のコはもともと外猫だったので、最初はものすごいノミ持ちでした。
もう20年に以上前のことなので、当時フロントラインがあったのかは覚えていませんが…お風呂に入れて、念入りにブラッシングをしました。
念入りにに駆除していっても、完全に駆除するまでには時間がかかりました。
そしてノミの駆除をした後は、完全室内飼いにしました。それからはノミとは無縁でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆう

ゆう

投稿者プロフィール

「猫暮らし」のスタートは先代の黒猫の女のコ「クロ」との出会いでした。
老衰で亡くなるまでのおよそ15年間、生活を共にしていました。
現在はノルウェージャンとメインクーンのハーフ猫「ま りん」(7 歳・女のコ)と暮らしています。
長年暮らしていても日々新しい発見がいっぱい。そんな猫の奥深さにどっぷり浸かって・・・。
早いもので気付けば「猫暮らし歴」は22年を超えました。
猫を飼っているのか?猫に飼われているのか?わからなくなるような生活をしています。

ブログ:
http://ameblo.jp/you-marine/

インスタグラム:
https://instagram.com/you_108/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-4-18

    首輪をめぐる物語

    三ヶ月前から、愛ちゃんは婦警さんになりました。朝晩のパトロールを欠かしません。人間の監視も熱心です。…

ピックアップ記事

  1. 三ヶ月前から、愛ちゃんは婦警さんになりました。朝晩のパトロールを欠かしません。人間の監視も熱心です。…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る