◆外猫の問題への対策がTNR◆

私はあるとき、外猫の交通事故死を立て続けに目にし、さらには近所に親子猫が現れたことによって「TNR」に初挑戦することになりました。ところで「TNR」とは? それは、外に暮らす猫にまつわる問題を解決するための1つの方法です。「Trap(トラップ)- Neuter(ニューター)- Return(リターン)」の略です。トラップ、つまり罠というか「捕獲器」で猫を捕まえます。そしてニューターは「不妊(避妊・去勢)手術」のことです。リターンは「戻す」ですから、捕まえて増えないように手術を施し、もとの外に戻すという行動です。

◆なぜ猫に「子供ができない」ようにするのか◆

猫のボランティアが猫を助けるためにTNRをしようとするとき、猫がいる場所の近隣の人々の理解や協力が必要なことは多いものです。外にいる「飼い主のいない猫」がゴミをあさったり、人の家にふんをしたり、というトラブルの解決の際にもTNRを実行する場合があります。そんなとき、とくに年配の方など「子供ができないようにするなんてかわいそうに」という声が上がることがあるのです。でも、必要なことです。なぜなら「確実に猫の世話ができる人=飼い主」がいない猫の面倒を見るのはボランティアであり、猫の数はコントロールしていかないと、とても手に負えないからです。増やさないため。人間の暮らしが中心の「街」では、猫を自然のままにしておいてあげられないのが現実です。

◆一世代のみ世話をする◆

外に猫がいることで「迷惑」と思う人もいます。猫嫌いな人は「猫は保健所へ」と主張し、結局は猫達は「殺処分」されてしまいます。しかし、そこにある命をなくしてしまえばいい、とうのは悲しいですよね。ボランティアはTNRによって、そこにある命を「これ以上増えない」ようにします。餌をやり、ふんを片づけるなどもして、その一世代を責任を持って見守るのです。手術済みの猫達が一生を終えたら、その地には「飼い主のいない猫」はいなくなり、トラブルもなくなる、という考え方です。

◆人の心◆

しかし、猫は「勝手に」湧いて出るものではありません。都市に、街にいる猫は、人によって捨てられたり、飼い猫が迷ったりした結果、そこにいるのです。猫を捨てる人がいなくなれば、飼い猫に手術をする飼い主が増えれば、そして、外飼いをしなくなれば、猫のトラブルは劇的に減ります。全ては人の心次第です。命に責任を持って慈しんで猫と暮らす人ばかりなら、TNRをしなくてもいいのだと思うと、切ないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内緑水

竹内緑水

投稿者プロフィール

編集・ライティングの仕事13年目のフリーランスライター。猫と一緒に暮らして6年目の猫好き。仕事も猫も生きがいです。猫の専門家ではありませんが、友人知人に「あの人といえば猫好き」といわれるくらいには猫を愛していますので、猫の情報を集めるのは得意です。編集者・ライターは情報を整理してわかりやすく伝えるのが使命。たくさんの方に猫と暮らす素晴らしさと猫関連の役に立つ事柄をお伝えできたらと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-8

    猫が猫草を食べる理由とは?!

    猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 三ヶ月前から、愛ちゃんは婦警さんになりました。朝晩のパトロールを欠かしません。人間の監視も熱心です。…
  3. 猫が猫草を食べる理由とは?!特に猫を飼っていない方が猫が草を食べるのかと驚かれるかも知れませんが、ペ…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. 猫の首輪専門店ぽぽねこから、玄関ドアや窓ガラスなどに貼って、周囲に注意喚起をする…
  2. 突然ですが質問です。 愛猫ちゃんに「猫首輪」を着けていますか? 「着けていない」と言う飼い主…
  3. 筆者が、以前に同居していた猫ちゃんの名前は「ニャーリン」です。もともと、この子は友達の家で暮らしてい…

ランキング

ページ上部へ戻る